乾燥肌トラブルに負けないスキンケア

カサカサお肌を改善するために

乾燥肌のスキンケアの基本と注意点

人によって、乾燥肌へのスキンケアのやり方は異なりますが、基本原則として、ほとんどの人に共通するやり方があります。

 

乾燥肌スキンケアの基本

f:id:cubamojito:20171119003256j:plain

洗顔が終わったら、できるだけ間をあけずに化粧水をつけて肌の乾燥を防ぎましょう。お風呂から上がったら、その場で保湿をします。

 

洗顔後や、入浴後に一切のスキンケアをしないままでいると、開いた毛穴から皮膚の必要な水分が出ていってしまいます。

 

ですから、そうならないように、お風呂から出たらすぐに保湿そして、クリームなどで蓋をする事です。

 

クレンジングと洗顔も大切

話が前後してしまいますが、タオルで拭く時も、ゴシゴシ擦らずに、やさしく拭くことも大切です。

 

乾燥肌の人は、一日の仕事が終わって帰宅したら、できるだけ早くクレンジングを済ませて、スキンケアをしましょう。

 

女性の化粧は、朝起きてしばらくしてから行われた後、数度の化粧直しを挟みながら、一日じゅう顔に塗られている状態になります。化粧の油分は、時と共に酸化していきます。

 

メイクは乾燥肌によくありません

乾燥肌の症状は、乾燥している化粧品がずっと肌についていると、悪化してしまいます。お肌にとってメイクはいいものだと思っている人もいますが、化粧は長期的な視点で言えば、皮膚に負荷をかけます。

 

特にアイメイクは落ちにくく、数種類のメイクを重ねることが多いですので、気をつけましょう。

 

社会人としてメイクなしで、仕事に行けないと言う人もいるでしょう。メイクをするなとは言いませんが、家に帰ったらなるべく早くメイクを落とす事が大切です。

 

肌タイプに合わせたスキンケア用品を使い、念入りに肌のお手入れをすることも大事です。外出をしない日は化粧をせずに、スキンケアだけで肌を楽な状態にさせておくということも乾燥肌の人には役立ちます。